ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
young.jpg

日時:'68年10月16日(?)
場所:Marquee Club, London, U.K.
音質:青いオーディエンス
レーベル:Ocean Sound Studio

感想:これまでこれが最古?と思っていたGonzaga音源の2ヵ月半前、LondonはMarquee Clubでの演奏とあるがおそらくガセ。
日付不明音源である。
しかしその内容はタイトル「Young Hurricane」にあるように若さ爆発!だ。
特に2曲目"I Can't Quit You"アタマのブレイクでのプラントのシャウトは青さがほとばしる程。
オジチャンは思わず目を細めちゃうよ。
演奏はその青き肉体の様に贅肉が削ぎ落とされたシャープな感じ。
何だか孫の成長記録を見せられてるような音源だ。

スポンサーサイト
Pb
pbtara.jpg

日時:'68年10月25日
場所:Surrey University, Guildfold Surrey, England, U.K.
音質:案外普通なオーディエンス
レーベル:Tarantura

感想:コンサートファイルupdatedバージョンにも
This date remains something of mystery
と書かれている'68年サリー大学でのライブ。
音源クレジットは10月15日。
"Dazed And Confused"のみの収録。
大学構内に「Led Zeppelinがデビューライブを10月15日にやった場所」との額が飾られているらしいが、当時の告知ポスター、更にメロディーメーカー'68年10月26日号(10月24日木曜日発売)が「明日サリー大学でのライブがある」と報じているところをみると10月25日が有力だ。
まあ、名門Taranturaなので'68年音源ってことには間違いないだろう。
確実な線ではこれが最古音源となるのか?

続きを読む
20060202113845.jpg


日時:'68年12月30日
場所:Gonzaga Univ. Spkane Washington,U.S.A.
音質:モコモコ・オーディエンス
レーベル:Empress Valley

感想:現存する最古の音源?
Train Kept A Rollin'の途中から始まって、Pat's Delightの後半で切れて終了。
当日はクソ寒かった上にバニラ・ファッジの前座だったようなのでお客さんの反応も薄めだが、メンバーの「やってやるぜ!」感が伝わってくる演奏。
しかし、Train Kept A Rollin'の歌詞は明らかにテキトーだけど。
こんなタイム・トラベル感がブートの面白さかと。
続きを読む
killing.jpg

日時:'68年9月20日(?)
場所:Tivoli Gardens, Stockholm
音質:こもり気味オーディエンス
レーベル:Led Zeppelin Archives

感想:人騒がせな(笑)'68年?音源その1。
"I Can't Quit You"のみ収録。
ここにアップするにあたって色々と調べたが・・・・ガセの可能性が。
どうもすみません。
まずはクレジットがメチャクチャ。
'68年9月20日はイギリスのOlyompic Studioで1stアルバムのレコーディングをしていた日。
Tivoliはデンマーク、Stockholmはスエーデン・・・。
裏ジャケのクレジットには堂々と
One of the first shows still filed under "The New Yardbirds"
とのクレジット。
果たして本当に'68年北欧ツアーなのか?
真相は闇の中だ。
まあ、多分ガセだろうけど。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。