ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
xmas.jpg


日時:'72年12月23日
場所:Alexsander palace, London England, U.K.
音質:リラックス・オーディエンス
レーベル:Lemon Song

感想:'72年のツアーデイズを締めくくるX'masイブイブライブ。
プラントも上機嫌なようでMCやジョークも多目。
しかし観客もご機嫌なのか"Starirway To Heaven"始まっても騒いでたために、演奏を止めてたしなめられるのもご愛嬌。
案の定これに気を殺がれた感じでこの曲はかなーりグダグダ・・・特にプラントの歌はヤバイ。
これ以降はリラックスして落ち着いた演奏を披露。
この日の歌はほぼ'73年スタイルを会得して無理のないレンジで安定している。
鬼門だったアンコールの"Immigrant Song"も今日はナシ、アンコールは"Heartbreaker"のみでアッサリ終了。
プラントの"Farewell London・・・Merry Christmas to you all"のお言葉にてイイ雰囲気で最強の'72年ZEPは終了。
スポンサーサイト
riot.jpg


日時:'72年12月22日
場所:Alexander Palace, London England, U.K.
音質:普通にオーディエンス
レーベル:Cobra Standard

感想:'72年のライブもこれを含め後2本、母国イギリスでのクリスマス・シーズンってこともあり非常にリラックスした雰囲気(妄想)の音源。
演奏も結構手堅く、全体的に平均的でツッコミ所がないのが逆に不満かと・・・。
強いて上げるとしたらやっぱりアンコールで"Immigrant Song"はプラント,
キツイんじゃないか。
やっぱり今日を最後にセットからハズされる。
あと、"Over The Hills And Far Away"のハイトーンも本日が最後のチャレンジ。
この'72年冬のUKツアーはプラントがそれまでの超人的な歌唱から'73年以降のスタイルとして味重視の歌唱法へとスイッチしていく過渡期で、そのスタイルがいよいよ身に付いて来たなって感じで、その過程を楽しむのもアリかと。
"Thank You"前、ジョンジーのメロトロン・ソロはクリマス風味?

hr.jpg

hrin.jpg


日時:'72年12月8日
場所:Hard Rock, Manchester, England
音質:悪っ!オーディエンス
レーベル:Sanctuary

感想:いやー音悪。
相変わらずな感じの'72年冬のUKツアー、ペイジもプラントも自分の調子を把握してきたようで、全体的にソツなくコナしてる感じ。
"Misty Mountain Hop"のケツではプラントがイイ感じにフェイクを入れてて思わずニンマリ。
更に"Stariway To Heaven"でのGソロ中間部ではペイジが完璧なまでにキメてくれて思わず「おおっ!」と。
この曲はスタジオ・レコーディングがあまりにも完璧なのでライブではそれを超えられてないよなーってのが個人的な意見だが、この瞬間はそれを凌駕する程の素晴らしさを感じた。
この音源にはオマケでツアーポスターのミニチュア・レプリカとステッカー付き。
けど、音をもうちょっと何とかしろと。
stuck.jpg


日時:'72年12月4日
場所:Glasgow Apllo, Glasgow Scotland, U.K.
音質:大騒ぎオーディエンス
レーベル:TDOLZ

感想:'72年UKツアー4日目。
グラスゴーは盛り上がる土地だったそうだが、こりゃまた凄い。
プラントのMCにもウワーッ!
曲になれば手拍子で大騒ぎ!
4日目ともなると流石に演奏もコナれてきて、オープニング"Rock & Roll"の疾走感はかなり爽快。
ペイジも全体的に手堅くシュアなプレイを聴かせてくれ、プラントは相変わらずな調子だが、ハイトーンを試してみて無理ならフェイクするっていう小技がイタに付いて来た感じ。
このツアーの何となくイイ感じな日。
ncs.jpg



日時:'72年11月30日
場所:City Hall, New Castle, Englend
音質:あんまし良くないオーディエンス
レーベル:Image Quarity

感想:この後'73年「永遠の詩」MSGまで続くZEP黄金時代ワールドツアーの幕開けとなるUKツアー初日音源。
10月のジャパンツアー後オフ明け1発目ということでプラントも声出てないし、ペイジも何となくプレイに集中力がなく、かなーり取っ散らかった印象。
何と言ってもアンコール"Immigrant Song"でいきなりペイジが全然違うキーで弾き始めグチャグチャになっちゃうトコはもう大爆笑。
同じ'72年でも6月の西海岸に比べると、もう別バンド?と思わせる程のハズシっぷり。
やっぱりバンドのポテンシャルとしてはアソコがピークだった??
大狂熱'73年ツアーの混沌を予感させる乱れっぷりにちょっと複雑な心境になってしまう音源。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。