ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
twist.jpg

日時:'69年7月21日
場所:Central Park, New York, U.S.A.
音質:良好オーディエンス
レーベル:---

感想:セントラル・パークでの野外フェス。
共演は何とBBキングだったようで、今じゃ信じられない程の豪華さ。
その上、PM7:00からとPM9:30からの2回ステージ・・・アンビリーバボー。
まずは定番テキトーな"Train Kept A Rollin'"でスタート、"I Can't Quit You"で全開になるのもいつも通り。
とにかくプラントが絶好調のようで、"You Shook Me"では素晴らしい歌唱とハープ。
シメの「You Shook Me, A-----ll night!」では各席から「One more!」の合いの手が入り、プラントもそれに応えてもう一度。
オーディエンスもバンドもフェスの雰囲気を楽しんでいるのが良く分かる。
"How Many More Times"でも絶好調、正にプラント独壇場。
「Squeeze my lemon」のエロいジョークも大ウケだ。
最後にボンゾのもの凄いソロが入って終るがいい所でカット・・・無念。
アンコールは"Communication Breakdown"をこれだけ上り詰めた状態で、一気にドカーンと。
曲が始まった瞬間はホントにゾクゾクくる。
そりゃ世界も変るわ・・・と思わず納得の凄さだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。