ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
madslide.jpg

日時:'70年3月21日
場所:Pacific Coliseum, Vancouver, Canada
音質:荒れ気味サウンドボード
レーベル:Pb

「Pb」の音源を演奏順にならべ、当時のLiveのレビューの載った地元紙のオマケやブックレットにはLiveと記者会見の様子やペイジらしき男のヌード写真をコラージュしたりしたもの。
これはこれで中々面白い。

mad2.jpg

mad3.jpg

mad4.jpg

スポンサーサイト
Pb
pbtara.jpg

日時:'70年3月21日
場所:Pacific Coliseum, Vancouver, Canada
音質:荒れ気味サウンドボード
レーベル:Tarantura

感想:ラジオ放送用音源、実際は2時間半くらいだったライブの一部で構成して、なかなか聴き易い。
"Whole Lotta Love"のインプロセクションがカットされており、いかにもラジオ用だ。
まあ、アレを丸々流すワカにもいかず、超人気曲を外すワケにもいかずというところだろう。
この音源のハイライトは"Since I've Been Loving You"でのプラントの歌で
、どちらかというと普段この曲のライブではレコーディングでのフレーズを解体する妙を聴かせてるように感じるが、この日はフレージングを更にブルージーに推し進める感じで、グッと来る。
まだ新曲な"Heartbreaker"が妙に淡白だったりするのが面白い。
"Communication Breakdown"は相変わらず凄い勢い、引き伸ばされたソロ裏でのジョンジーも良い仕事をしている。
某ブート店の屋号にもなるだけあってなかなか良い音源。
mystery.jpg

日時:'70年3月10日
場所:Hamburg, West Germany
音質:悪いオーディエンス
レーベル:The Symbols

感想:久々にズキューンと来た音源。
Frankfurt公演を振り替えてのHamburg、何と言うかグルーブ感が凄い。
"Heartbreaker"はイントロがミュートされてて面白い。
"Since I've Been Loving You"は個人的にベストテイクの一つだと思う。
「Pb」のバージョンに匹敵するかも。
"Moby Dick"は遅めながらもボンゾの歌うようなドラムがイイ。
大盤振る舞いの"Bring It On Home"、ブレイクして客と掛け合いシャウトでリズムに戻るトコなんか超シビレる。
そして大騒ぎの"Whole Lotta Love"で終了。
こんな風に音の悪さを飛び越えて突き抜けて来るモノがあるからブートは楽しい。
hifly.jpg

日時:'70年3月9日
場所:Wien Kounsel Thos, Vienna, Austria
音質:中の下の上オーディエンス
レーベル:Electric Magic

感想:我が思い出ブート、Vienna1970の音質向上版。
何処ぞのブート店チラシでは「驚く程!」とか書いてあった気がするが、実際は「まあ、少しはマシかな」程度かと。
何故か1曲目"We're Gonna Groove"と"Thank You"がカットされている。
vienna70.jpg

日時:'70年3月9日
場所:Wien Kounsel Thos, Vienna, Austria
音質:悪いオーディエンス
レーベル:MMachine

感想:記念すべきマイ・ファーストブート。
確か買う時にはハマったりしないようにと思い「一番安くてダメそうなのを」とか思って買ったはず・・・無駄だったが。
当時はDVDを見て、その凄さに圧倒され、「伝説のライブ」を聴いて「おお!」と思っていた時期。
'73年「永遠の歌」が主なZepライブ体験な俺としては「こんなのコンピューターで弄ってるのでは?」とかも思い、確認の為に同年のブートを買ってみたって感じだった。
しかし、これを聴いて1曲目の"We're Gonna Goove"でのプラントの声を聴いて「やっぱ本当だったのか!てかそれ以上!!」と。
続く"I Can't Quit You"でもプラントは最高。
"Dazed And Confused"でも緩急自在の歌唱で曲を引っ張る、この曲の弓セクションではペイジの機材の調子が悪いらしく途中でお詫びを入れてるのが笑える。
ここでテンションさがったか"Heartbreaker"のブレイク部は微妙な感じ。
"Scince I've Been Loving You"はブルージーさが減退してメロウな感じの演奏、珍しいか?
何故か"Thank You"は爆裂バージョン、"How Many More Time"入り口はペイジ主導バージョン」だったり。
と、Zepライブの面白みを実感。
以来、アレもコレもと・・・'73年以降もすっかり許せるように。
俺にとっては罪深き1枚・・・まさに"Nobody's Fault Bu Mine"。
060131_1605~0001.jpg


日時:'70年3月7日
場所:Casino, Montreaux ,Switzerland
音質:良好オーディエンス
レーベル:TDOLZ

感想:何とモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブ。
この時期の音楽がいかにフリーだったってコトか。
イントロからリラックスした雰囲気でプラントもノリノリ、2曲目"I Can't Quit You"のアタマのシャウトがいつものタイトルとは違うフレーズが出てくる。
続く"Heartbreaker"のイントロではペイジがアドリブ、"Since I've Been Loving You"はソロ裏でジョンジーがジャジーだったりと全体的に軽やか。
"Thank You"の終り方もイイ。
何となくリラックスしてプレイを楽しんでる雰囲気な1枚。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。