ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nakami.jpg

日時:'71年3月6日
場所:National Boxing Studium, Dublin, Ireland
音質:フツーに悪いオーディエンス
レーベル:Tarantura

感想:アイルランド2日目は後年のドローン風フィードバックで開始。
カウント無く"Immigrant song"がドカンと始まるのはカッコイイ。
プラントは前日に引き続き完璧な歌唱、ペイジも"Heartbreaker"のブレイク明けのリフをミュート気味で弾いてみたり好調。
"Scince I've Been Loving You"はテレコの前でバカが熱唱。
まあ、気持ちは分かるが。
"Black Dog"はプラントのアグレッシンブなフレージングが凄い。
2日目の"Stairway To Heaven"は大受け、なんとなく8月のLAを髣髴とさせる。
"Dazed And Confused"でもプラントのフェイクは曲の雰囲気を盛り上げ、弓セクションからリズムインの瞬間は超カッコイイ。
"Whole Lotta Love"は大テルミン大会、とにかく観客は熱狂。
シメは前日同様"Rock And Roll"のグダグダバージョン。
Zepはこういう所が最高だ。

スポンサーサイト
hako.jpg

日時:'71年3月5日
場所:Ulster Hall, Belfast, Ireland
音質:凄く悪いオーディエンス
レーベル:Tarantura

感想:アイルランド2デイズの初日、そして'71年ツアーの初日、更には歴史的名曲"Stairway To Heaven"初演の日。
この'71年のツアーからZepはそれまでのブルーズベースのロックバンドという域を逸脱し前人未到のハードロックバンドとしての全ての基礎を確立していくので、そういった意味でも正に歴史的な一日ではないか。
"Stairway-"以外にも4thアルバムからの曲は全て本日が初演。
"Black Dog"ではメンバー全員、気合入りまくりの演奏、プラントはレコードを超える勢いでハイトーンをキメまくる。
続く"Dazed And Confused"でも音はグチャグチャだが抜けてくるプラントの声は凄すぎ、弓のセクションではペイジが整然としたプレイを聴かせてくれ良。
そして"Stairway To heaven"。
音もなくしっとりと始まり、初演だけあって皆、丁寧なプレイ。
が、ペイジはソロ前のブレイクで思いっきりコードを間違える。
流石だ、これでこそペイジ。
ここでもプラントは完璧、ソロ明けのハイトーンは完璧を通り越し燃えるよう。
正に歴史的瞬間。
"Moby Dick""Whole Lotta Love"は観客も熱狂し地獄のような音だがこれがブートの醍醐味。
ラストは「タイトルはまだ無いけど」の前置きと共に"Rock And Roll"。
構成もヘロヘロ、終り方も適当だが観客は更に熱狂し、アンコールをせがみ続け"Bring It On Home"で終了。
歴史的価値だけでなく、当時の熱さがダイレクトに伝わる素晴らしい音源・・・音は本当に悪いが。

ちなみに、この日の音源はこれまでEmpress Valleyより「Black Velvet」のタイトルで出回っていたが、肝心の"Stairway-"クライマックスに「笛吹きケトルノイズ」が入っていたことでも有名。
この音源では何とそのノイズの除去に成功しており問題なく楽しめる。
またEV盤では欠落部分を別ソースで補填してあったがこちらには無し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。