ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ncs.jpg



日時:'72年11月30日
場所:City Hall, New Castle, Englend
音質:あんまし良くないオーディエンス
レーベル:Image Quarity

感想:この後'73年「永遠の詩」MSGまで続くZEP黄金時代ワールドツアーの幕開けとなるUKツアー初日音源。
10月のジャパンツアー後オフ明け1発目ということでプラントも声出てないし、ペイジも何となくプレイに集中力がなく、かなーり取っ散らかった印象。
何と言ってもアンコール"Immigrant Song"でいきなりペイジが全然違うキーで弾き始めグチャグチャになっちゃうトコはもう大爆笑。
同じ'72年でも6月の西海岸に比べると、もう別バンド?と思わせる程のハズシっぷり。
やっぱりバンドのポテンシャルとしてはアソコがピークだった??
大狂熱'73年ツアーの混沌を予感させる乱れっぷりにちょっと複雑な心境になってしまう音源。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。