ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
twilight

日時:'69年4月27日
場所:Filmore West
音質:並サウンドボード
レーベル:Immigrant

感想:69年Filmoreのラスト。
Led Zeppelinとしての基本スタイルがここにきて一応の完成を見たということはハッキリと感じ取れる。
この日の二回公演、この時期のZepのレパートリーのほとんどがサウンドボードで残されているのは素晴らしい。
こうして聴いていると後にずっと残って行く曲はもう既にアレンジもプレイも研ぎ澄まされていたんだなぁと思わされる。
この日に演奏されたバディ・ガイの"Sitting And Thinking"がフルで演奏されたのはこの日のみであったり、メドレーのレパートリーもレアであったり、プラントもMCや歌詞でこの日がいかに素晴らしいか歌っていたりするのだが、個人的にはソツな無さ過ぎるような感じがしてしまい、聴いていてどうも盛り上がれない。(贅沢)
要再聴音源か。
スポンサーサイト
YB

日時:'68年5月31日、6月1日
場所:Shine Auditrium, Los Angeles Carifornia, U.S.A.
音質:並下オーディエンス
レーベル:Bell Bottom

感想:プリZepな末期Yardbirds音源。
のっけから後に"Dazed And Cofused"でアドリブセクションから戻る時に使うリフが登場しておお!と思わせてくれる、そこから初期Zepライブのオープニングと一緒の"Train Kept A Rollin'"でライブスタート、これは嬉しい。
ペイジのギタープレイもほぼ同一、ソロも土台となる部分は全部出来ている感じだ。
ただそこまでZepっぽいと他のパートが思いっきり物足りない。(笑)
とか思いつつ曲は"Mister You're Better Man Than I"へ。
もろにリバプールサウンドっぽいこの曲をペイジが弾いているのかと思うと笑える、何となくやる気無さ気だし。。。と思いきや曲を思い切り引き伸ばしてペイジタイムが始まり、そのまま"Heart Full Of Gold"へ。
俺の好きなこの曲をペイジが弾いてるのか!と思うと妙に興奮。(笑)
その後はブルーズのスタンダードやカヴァーを交え進行。
そして"Dazed And Cofused"この時点では"I'm Confused"というタイトルか。
これまたペイジ以外のメンバーに思い切り物足りなさと違和感を感じつつも弓セクションをはじめ全体的なアレンジの基礎は既に築かれており、その才能の萌芽を感じる。
そこからヒット曲"Shapes Of Things"へ、これまたJeff Beck Groupの超傑作「Truth」でのバージョンがあるので。。。
ラストは"Smokestuck Lightning"から何とVelvet Undergroundの"Waiting For My Man"へ。
この辺りがYardbirdsのバンドとしての迷走振りを現しているように感じる。
ただペイジがVelvetsのこの曲をどんな顔して弾いてたんだと思うと面白くて仕方ないが。(笑)

このたった半年後の12月30日Gonzagaの音源との差は歴然としており、この時点でペイジの頭の中にははっきりと次に自分の進むべき方向があり意識はそこに向かってハッキリと走り始めていたんだなと言うことがギタープレイを通じてひしひしと伝わってくる興味深い音源だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。