FC2ブログ

ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
earls25.jpg

日時:‘75年5月25日
場所:Earl's Court Arena, London England, U.K.
音質:軽目な中の上オーディエンス
レーベル:Image Quality

'75Zepのハイライト、アールズコート最終日。
当然バンドの気合も入りまくりだ。
1曲目"Rock And Roll"からブッ飛ばしまくり!思わず笑っちゃうくらい。
続く"Sick Again"も'73ドイツかよ!?って位のモンだ。
そして何と言っても凄いのが"The Song Remains The same"!
始まった瞬間思わず「速っ!」って言う位、当社比1.7倍位のテンポで演奏、途中で破綻しなかったのには思わず拍手。(笑)
前4日の練習の成果か素敵な4声コーラスの"Tangerine"、アコースティック・セットを経て"Trampled Underfoot"、シャープな演奏だが後半がワヤな感じに。。。嫌な予感が。。。
"Dazed And Confused"ではプラントが脱落した感が、、、ペイジvsボンゾの力較べ的なノリで進行し弓セクションを経て、後半のインプロはかなーり取っ散らかり状態になって終了。
Zepの最初期から演奏され続けてきた同曲がプレイされるのはこれが最後。。。そう思うと感慨深い。。。がもうチョットしっかりした演奏で締めて欲しかった。。。まあ、本人達は知る由もないワケだけど。
"Stairway To Heaven"はシットリと演奏され素晴らしい雰囲気。。。が、Gソロ後半から破綻気味になり、、、プラントのシャウトもヘロヘロ。。。そろそろ集中力も切れてきたかの感がある。
アンコールはいつもの"Whole Lotta Love"~"Black Dog"に加え"Heartbreaker"、"Communication Breakdown"。
"Communication-"ではインプロ部分で"D'Yer Mak'er"のフレーズも飛び出す大盤振る舞いぶりだ。
だがしかし、演奏は案の定グダグダ!(笑)
こうして聴かされると、いつも通りスパっと終わってくれた方が・・・と思ってしまうが、このハタ迷惑なサービス精神こそがZepのイイトコなんだよなぁ。。。(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/103-c7c8844b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。