ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bontan.jpg

日時:‘73年5月31日
場所:Ingrewood Arena, Los Angeles Carifornia, U.S.A.
音質:良好オーディエンス(一部優良、一部イマイチ)
レーベル:TDOLZ

'73年超定番アイテム「ボン誕」。
その名の通りボンゾ25歳のバースデーライブ、色々なレーベルからコンプリート版、音のいい部分だけ版等、色々なフォーマットで出ているが、このTDOLZ盤はインチキ臭くあんまり目にしないかも。(笑)
内容の方は噂に違わぬ名演。
とにかく自分の誕生日と言う事もあるのかボンゾがゴキゲンでキレのあるプレイを聴かせてくれる。
他のメンバーもそれに引っ張られてかイイ感じ。
オープニングの”Rock And Roll"前にステージに登場したボンゾは「ドンドン・・・」とバスドラを踏み鳴らしオーディエンスをあおる。
全体的に演奏はシャープだ。
本来ならLAフォーラムは前日を含む2夜連続講演だったが、ペイジが指を痛め、前日は順延。
この日も氷で冷やしながらのプレイらしい。
しかし、それを感じさせない程のグッドプレイを聴かせるペイジ。。。男だね。
"The Song Remains The Same"~"The Rain Song"の流れは特に素晴らしく、一本のスペクタクル映画を観ている様な感じさえ受ける程に感動的。
御機嫌ボンゾの"Moby Dick"終了後にはプラントが"Happy Birthday"を歌い和みまくり。
Zepのこういうトコってホントに最高だ。
その後は"Heartbreaker""Whole Lotta Love"を決め本編終了。
アンコールはハッピーな雰囲気で"Ocean"とソースが変わって音が悪いがペイジが冴えたソロを聴かせる"Communication Breakdown"で終了。
ライブ後はバースデーパーティーが開かれ「ピーター・グラント以外の」(笑)出席者全員がプールに投げ込まれたそうな。
バンドのダークサイドもブライトサイド混ざり合い、マグマの様に一気に噴出した狂熱の'73全米ツアー、その明るい一面が垣間見れるようなアイテムだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/104-31ae0f9f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。