ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rizzler.jpg

日時:'73年1月15日
場所:Trentham Gardens, Stoke, England
音質:ドラムとボーカルがデカイ、サウンドボード?
レーベル:Equinox

'73年初期UKツアーの音源。
サウンドボードっぽくもあり?ステージ上のドラム近くにテレコを置いて録ったような音でもあり?
これが中々気持ちイイ。
ボンゾのプレイが軽やかな感じで、リズムに身をゆだねてみると凄くイイ感じ。
大きく入ってるプラントのボーカルもとてもツヤツヤで"Over The Hills And Far Away"なんかも辛うじてレコーディングに近いハイトーンで歌おうとしてる。
どうやらインフルエンザでノドを悪くして4日間の休養空け2日目ってコトで、ゆっくり休んでエンジンかかって来たなって感じだったのだろう。
"Stairway To Heaven"での歌唱もホントしっとりとしててイイ感じ、残念ながら最期のフレーズを歌い上げて余韻に浸ろうと思うと、いきなり編集で"Whole Lotta Love"がかぶって来てムッとくる。(笑)
あと"Song Remains The Same"が途中でブチ切れ"Rain Song"も途中からになっている。
ジミーも"Whole Lotta-"のアドリブセクションの入り口でジミヘンの"Voodoo Chile'"のさわりを弾いてたりとなかなか楽しめるので、これがキチンとしたカタチであったら良かったのになぁと思う残念音源だ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/105-dcd39263
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。