ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
missingdoll.jpg

日時:‘73年7月29日
場所:Madison Square Garden,New York new York, U.S.A.
音質:最高なサウンドボードと良くないオーディエンスのミックス
レーベル:Tarantura

「This is the last night of the last tour.」
"Rock And Roll"から伸び伸びとした雰囲気でスタート、"Celebration Day""Balck Dog"も前日の「上手くやろう」感が吹っ切れた様子だ。
"Over the Hills And Far Away"イントロのアルペジオをペイジが情感たっぷりに弾く。
上手い下手以上の素晴らしいフィーリングだ。
プラントの「Good Columbian」MCから"Misty Mountain Hop"。
"Since I've been Loving You"は間違いなくこのツアー随一、'73年バージョンの完成形を完璧な形で披露。
プラントの「Workin' from seven...」の後に全員が入る所なんか堪らない。。。今日という日にこのパフォーマンスを繰り広げるZepはやはり地上最強だ。
素晴らしいタッチの"No Quarter"、ジョンジーの細かいベースラインが気持ち良い"The Song Remains The Same"、案外普通な出来の"The Rain Song"を経て"Dazed And Confused"。
これまた最高に素晴らしい、、、疾走パートでは御馴染みの息合わない感じも微笑ましくすらあり、ファンキー前ではペイジが遊び、エンディングはボンゾのドラムソロ!観客は熱狂だ。
そして"Stairway To Heaven"。
EV盤「Grand Finale」では音の良い27日SBDなようだが。。。ここでは当日の音の悪いオーディエンス。
だが!
しかし!!
素晴らしい!!!
これを聴かずしてこのコンサートを聴く意味があるのか。。。!?という程に。
ペイジがアルペジオを弾き始めると本当に割れんばかりの、演奏がかき消される程の大歓声。
プラントは正に全身全霊を込めてという言葉がピッタリの素晴らしい歌を聴かせる。
本当に最高だ。
ロックの神様がいるなら、今、正に、ここに降臨している。
この曲の素晴らしいバージョンは色々と聴いているが、この日は人智を超えたフィーリングに支配されていると言っても過言ではないだろう。
曲が終わると本当に本当に大歓声!
そりゃそうだ、こんな凄いのをその場で生で聴いたら失禁しちゃうよ、俺なら。(笑)
しかし、これで感動的に終われないのが我らがLed Zeppelin!
ボンゾが入り口を外し、ペイジもズッコケる"Moby Dick"は久々に終わりもあるバージョン、ヘロヘロ気味な"Heartbreaker"から"Whole Lotta Love"でちょっと挽回。
テルミン前にちょこっと"Communication Breakdown"風リフが登場し、エンディングはボンゾの途中で「オイオイ!」と突っ込みを入れたくなる位長~いソロ。
プラントが「Next year...may be, good night!」と締め。
アンコールは復活して良いバイブを響かせる"The Ocean"。
'73年狂熱のツアー大ラスはジョンジーの下校の音楽ちっくなソロから"Thank You"。
1stレグLAよりは全然マシでもやってない感アリアリだが文句は言うまい。
やはりこの歌は染みる。
セックス、ドラッグ、アルコール、バイオレンス、爆竹、脅迫、不眠、怪我、インフルエンザ、最後の最後に18万ドルの盗難。
様々なトラブルにまみれ、花も嵐もプライベートジェットで乗り越えて、大団円を迎えたZep史上、いやロック史上最強最狂の'73年ツアー。
最後にこうして残り、語り継がれ、聴き継がれるのははやり「音楽」。
The Song Remains The Sameなのだ。。。!
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/117-e381fd3b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。