FC2ブログ

ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
returnofdestryer.jpg

日時:'77年4月28日
場所:Richfield Colesium, Richfield Ohio, U.S.A.
音質:普通なオーエディエンス
レーベル:Live Remains

超有名盤「Destroyer」に便乗してか「"The"Destroyer」とか「Destroyer II」とかデストロ絡みの名前で各レーベルより発売されている本作。
何故かボンゾが前半超ゆっくりにプレイしていて気持ち悪い。
"Nobody's Fault But Mine"なんかはペイジとサッパリ噛みあわず聴いているとイライラしてくる位だ。
しかしこれが"Scince I've Been Loving You"でピタリと一致。
ルーズな雰囲気と絶妙の間で一気にカッコ良くなっちゃうから不思議だ。
続く"No Quarter"もなかなか、ジョンジーがナットロッカーを披露。
良い曲だなぁ~としみじみ"Ten Years Gone"を聴き、アコースティックタイム。
プラントは御機嫌で"Dancing Days"のフレーズを口ずさむ。
77年御馴染み弓と"Star Spangled Banner"を盛り込んだギターソロから"Achilles Last Stand"。
美しいアルペジオに昨日のヘナチョコさはアッという間に消し飛ぶ。
ソロもタドタドしくも上手くまとめ、非常に秀逸なバージョンだ。
"Stairway To Heaven"では何故かプラントに集中力が感じられず、走り気味に歌う。
更にソロ裏ではボンゾが遊びすぎ。。。面白いけど、どーなの?って感じだ。
この曲が始まるとなぜかテレコ近くのアンチャンが「Oh-Fuck!...」と。
ファックはオマエじゃー!(笑)
アンコールは曲順にクレジットされている"Whole Lotta Love"は入っておらず(最悪)、"Rock And Roll"の途中から。
これ又おふざけボンゾがやり過ぎ。
シメはなぜか超マッタリバージョンの"Trample Underfoot"。
相変わらず終わり方はカッコイイけどウーンって感じだ。
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/01(土) 04:36:52 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/128-21a86fdc
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。