ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
crossfire528.jpg

landoverouter.jpg

日時:'77年5月28日
場所:Capitol Center, Landover Maryland, U.S.A.
音質:中の下オーディエンス
レーベル:Electric Magic

これでおしまいランドヴァー4デイズ。
これまた音悪し。
まあ、このぐらいの方がペイジのプレイが分からなくて良いかと。
相変わらずシャープな"The Song Remains The Same"でスタート。
何と言ってもこの4日間はプラントの歌が安定している。
"Sick Again"もボンゾの重さとキレのドラミング、プラントの熱い歌とハープ、いい感じだ。
"In My Time Of Dying"もプラントが引っ張る。
"Since I've Been Loving You"もこのレコード通りバージョンは結構良いと思うが。
ペイジもここからなかなか聴かせてくれる。
続く"No Quarter"でもいつものどっち付かずな煮え切らないヘナチョコプレイではなくシャキっと決めてくれる。
この日のハイライトは"Kashimir"。
ジョンジー&ボンゾがゾクゾクする程の物凄いうねりとグルーブ感。
プラントのシャウトも最高だ!
その勢いを持続して"Achilles Last Stand"も始めはソコソコながらもコ後半にかけて熱い、なかなかの出来。
しかし"Stairway To Heaven"、プラントがシットリと歌い出すがリズムインから何故か怪しく、ソロ裏はリズムで遊び捲くるボンゾに何とか合わせるペイジ、苦しいながらも何とかフィニッシュする感じ。
アンコール"Whole Lotta Love"~"Rock And Roll"は毎度の毎度のお祭り騒ぎ。
"Rock-"ボンゾのフィルからリズムインした瞬間には歓声で演奏が掻き消される。
こうなりゃ演奏なんて細かい事は関係ない、これが77Zepのお祭り騒ぎアメリカンツアーなのだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/132-d3ad1b16
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。