ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
south73.jpg

日時:'73年1月22日
場所:Old Rectory Southampton Univ, Southampton, England U.K.
音質:素晴らしいサウンドボード
レーベル:Empress Valley

感想:
何の気無しに入手してその素晴らしすぎるミックス具合に聴いてビックリ!
何じゃコリャ!?と思い調べてみてビックリ!!
何でも、ペイジが「伝説のライブ」リリース時に発表を検討していたもう一つの音源であってケヴィン・シャーリーがミックスまで済ませたモノらしい。
そりゃスゲーハズだって!
んで、内容だが「流石、負けただけの事はある。。。」って言うのが正直な所か。
プロの手でレコーディングされたということなので、バンドもそれを知っていたのか丁寧に演奏しようというのは伝わるが。
プラントもお世辞にも調子が良いとは言えず、ペイジは本当にアララ~って感じだ。
何故か尺が決まっている場所(=殆ど)では本当にタドタドしく危なっかしいが、尺の無いブレイク部分でのインプロはOK。
コンサートも終盤"Stairway To Heaven"が終わり本編最後の"Whole Lotta Love"前にプラントがジョークを交えたMCでバンドもリラックスしたのか、この曲はR&Rメドレーも含め素晴らしい。
アンコール"Heartbreaker"もボンゾが52番街に合わせてリムを叩くなどバンドのノリノリさ加減が伝わってきて◎。
だがしかし、いかんせんイマイチなプレイが最高の音質で楽しめる!って1枚かなと。
この出来の悪さが’73年コンサートの記録として狂熱再発へペイジを向かわせたのだとしたらそれはそれでありがたい話だ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/143-a025e6b7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。