ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
badge1
badge2
badge3
日時:'77年6月23日
場所:The Inglewood Forum, Los Angeles California
音質:良いオーディエンス
レーベル:Rockwork Records

感想:名盤バッジホールダーズ、これを手に入れた時はまさかこんなに嵌るとは思わなかったので「あの名作を~!」と感激したモンだ。
数多の名レーベルもっと素晴らしいのがあるのだろうがまあ、そこはそれ。
名盤と言われるだけあってオープニングの"The Song Remains the same"から演奏はとてもタイト、全員の調子で言ったらエディよりも良いのではと思わせる。
「イイねぇ~!」とか思っていると2曲目"Sick Again"でペイジが大ハズシ、何とか持ち堪えて復活。
タイトル通りバッジホールダーについてのジョークを飛ばしまくりのMCから"Nobody's Fault But Mine""Over the Hills And Far Away"、メロウかつ熱い"Since I've Been Loving You"、完成度の高い"No Quarter"正に文句ナシな序盤だ。
"Ten Yeras Gone"の洗練されたリフも素晴らしく、アコースティックセットへ、"Battle Of Evermore"は最早ジョンジーの声の方がしっくりくるくらいだ。
"Bron'y'er Stomp"前はプラントが"Black Country Woman"を一節。
"White Summer~Back Mountains Side"の後は重厚な"Kashmir"、、、素晴らしい!
その後は"Trampled Underfoot"が復活!。。。。だがこれはご愛嬌~って出来か。
"Moby Dick"ではなんとThe Whoのキース・ムーン乱入!
かな~りハイな状態でわめいて、ボンゾと夢の共演、これでバンドのテンションは上がりまくり、プラントもMCで「キースムーン!」と連呼だ!
ペイジの星条旗ソロから"Achilles Last Stand"、なかなか上出来の部類、というか屈指の出来だろう。
まあ、この曲に関しては平均点低すぎというのもあるが。。。(笑)
"Stairway To Heaven"もノリノリ状態なボンゾはソロ裏で変なシンコペやりまくり、それを難なくこなすペイジは流石~ソロも及第点だし、ジョンジーもイイ仕事している。
アンコール前は再びキース・ムーン登場!(笑)
ハイテンションな"Whole lotta Love"~"Rock And Roll"でシメ!
この日の楽し~い雰囲気が余す所無く収められ、こちらまで楽しい気分にさせてくれる。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/144-18d99be6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。