ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
phoenix70.jpg

日時:'70年4月18日
場所:Arizona Colisseum, Phoenix Arizona, U.S.A.
音質:良くないオーディエンス
レーベル:Power Archives

感想:ノリノリメンフィスの後はヘロヘロフェニックス!(笑)
と言った事前情報を知っている今の状態で聴くと一曲目"We're Gonna Groove"でプラントの何の問題も感じさせない歌いっぷりを聴くとビックリさせられる。
全然問題無いじゃんとか思って聴いていると、ギターソロの途中で音が聞こえなくなり、そのままエンディングまで。
テレコの位置の関係かな?とか思ってると、ピリピリジリジリやってるので、接触系のトラブルでもあったのかな?
続く"Dazed And Confused"でも何の問題も無し、ペイジ弓セクションは大喝采の大ウケ!イイ感じだ。
ところが!"Heartbreaker"を紹介するMCが妙にテンション低いな~?と思ったら、ここからプラントはヘロヘロ状態。
"Dazed-"中に電池が切れてしまったのだろう。
2バース目はややヤケクソ気味に乗り切るも、エンディングの「ハ~ブレ~カ!ハッ!」の部分は無し。
テンション低い"Bring It On Home"では中間部のボンゾvsペイジの掛け合いがイカシてる。
ペイジ独演で自分が休める"White Summer"のコールは何となく嬉しそうだ。
ペイジのお次はジョンジーの相変わらずな(笑)ソロから"Thank You"。
休憩を挟んでもプラントの調子は変わらず、歌詞を間違えたり散々。。。
"Moby Dick"で更に休憩してシメの"Whole Lotta Love"。
ラストの曲ってコトで後半、プラント独壇場の「Woman! You need Lo~~~ve」部分は頑張ろうとしるもボンゾとの呼吸が合わずに残念な結果に。。。
結局、翌日はキャンセルされたようだが、限界まではやらねばならないのがショウビズの厳しさ、、、プラントのプロ根性に拍手を送りたい。
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/30(金) 15:20:19 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/150-f3536f6c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。