FC2ブログ

ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
One more mil73

日時:'73年7月10日
場所:The Arena, Milwakee Wisconsin, U.S.A.
音質:かなり迫力あるオーディエンス
レーベル:Red Hot

オープニング"Rock And Roll"は一聴してプラントの喉が荒れている感じが分かるが、バック陣は完璧。
続く"Celebration Day"ではボンゾのドッシリ感が気持ち良く、ペイジも冴えたプレイを聴かせる、が、依然としてプラントは。。。
"Black Dog"はとても魅力的な出来だ。
単純に演奏として考えたら、絶対的に71~2年の頃の方が高水準なんだろうけど
円熟味を感じさせ、癒しにも似たこの感覚は不思議だ。
これがロックンロール・マジックってヤツなのかな?
「Milwakee久し振りだね」なんてMCから"Over The Hills And Far Away"。
マッタリとしたノリながらペイジの余裕のプレイを聴かせる。
再びMCで「爆竹は止めて、シガレットを~」で"Misty Mountain Hop"イキだね~。
このくらいのキーだとプラントも余裕だ。
だがしかし、近くのアンチャンが騒い!。。。ま、気持ちは分かるけどね。
"No Quarter"も素晴らしい、本当に今日は素晴らしい出来だ!
スネアとギターのチューニングをした後は"The Remains The Same"~"The Rain Song"の美しすぎるメドレー
これも本当に完璧で聴き惚れてしまう。
そして本日のハイライト"Dazed And Confused"
ワイルドに入るプラントから静と動のコントラストも鮮やかなパフォーマンス!
サンフランシスコセクションは本当に美しく、幽玄なる弓セクションから、カオスなファンキーセクション、ストップ&ゴーもフリーキーにキメまくり、怒涛の大団円!
いやー本当に素晴らしい!!
"Stairway To Heaven"もハイレベルに決めて、"Moby Dick"へ。
ココでペイジが大ハズシをするトコもご愛嬌。
もっともっと聴いていたいが、ボンゾソロの途中でフェイドアウト。。。。

ホント、完全版無いかな??
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/157-1cdc03c0
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。