ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dis.jpg


日時:'73年5月18日、7月27日、28日
場所:Memorial Auditorium, Dallas Texas, U.S.A.(5/18)
Masidon Square Garden, New York, U.S.A.(7/27,28)
音質:案外ショボ目なサウンドボード
レーベル:Tarantura

感想:サブタイトルに「Ninth U.S. Tour」とあるように'73年に行なわれたZEP9回目の北米ツアーの音源を集めて1つのライブ風にまとめたモノ。
まずは、いきなりプラントのマイクチェックから始まるのが微笑ましい。
プレイの方はもういかにも'73年な感じで、ジョンジー&ボンゾはのっけから快調!プラントはソコソコ、ペイジは・・・って感じ。
この時期のライブのデキはは4人がどの辺で噛合ってくるか?が大きく、これもいつも通り7曲目の"Since I've Been Loving You"辺りで噛合ってきて、続く"No Quarter"のジョンジーインプロにペイジが絡んでくるトコなんかは結構グッとくる。
そのまま誰も脱落することなく"Stariway To Heaven"までイイ感じ。
このまま!と思うが、5月18日分はココで終了。
続いて少しだけ迫力ある音になって7月28日の音源に。
ここではノリノリな感じでボンゾのフィルから入る"Heartbreaker"がイイ。
で、最後は7月27日の"The Ocean"で終わり。
これもお馴染み(?)ボンゾのミョーチキリンカウントから、楽しげな演奏。
なんかこう、凄ーく普通な'73年って感じだが、今思えばこの辺りからペイジのヘナチョコ・プレイが始まっていたのか?
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/19-9431b738
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。