ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zeposaka.jpg

日時:'71年9月29日
場所:Festival Hall, Osaka, Japan
音質:ド迫力オーディエンス
レーベル:Night Hawk

感想:超有名定番音源の929大阪、近年出た多分決定版的な内容のもの。
おそらくステージ上のドラム近くで録られているらしく、ボンゾのドラミングが大迫力で堪能出来る。
まずはボンゾの「セクシーセクシー!ラウダー!」と聞こえるヘンテコな掛け声より"Immigrant Song"とにかくモノ凄いドラム、ペイジのソロもワウかけまくりでカッコ良い。
続く"Heartbreaker"ソロ部分ではペイジの繊細なタッチが感じられ嬉しい。
MCではシーンとした雰囲気がいかにも当時の日本的、プラントもやりにくそう。
"Scince I've Been Loving You"は比較的レコード通りっぽく歌われ、ボンゾの細かいフィルにセンスを感じる。
"Stairway To Heaven"は妙にアッサリと演奏されるが"Cerebration Day"はエクステンドされスリリングなギタープレイ、エンディングもピタっと決まる。
アコースティックセットではボンゾ逃亡、有名な「Mr.ボーナムは芸者とどっか行っちゃったよ」のMCと共に観客に「ミースターボーナーム!」と呼ばせるといったハプニングも面白い。
帰ってきたボーナムと"Friends"。
この録音状況から"Moby Dick"には超期待するも、ソロはイマイチで残念。
"Whole Lotta Love"には"Good Times Bad Times"入り、相変わらずつまらんジョンジーのオルガンソロから"Thank You"。
最早御馴染みグダグダ"Rock And Roll"で伝説の初来日は終了。
欧米でのバカ騒ぎとは大違いの静かな日本でリラックスしたプレイが高音質で楽しめる好盤。
とにかく'71年来日モノはどれも、当時、ロック後進国だった日本の様子が楽しめて面白い。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/37-9c7cab3f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。