ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hirosima.jpg

日時:'71年9月27日
場所:Kenritsu Taiikukan, Hiroshima, Japan
音質:悪いオーディエンス
レーベル:Wendy

感想:‘71年来日時、東京大阪の合間に訪れた広島公演。
この日Zepは広島知事の元を訪れ、今公演の売上全額(!)を寄付。
まだラブ&ピースの思想が息づき、「戦後」という言葉に実感を伴っていた時代ならではのエピソードだ。
パフォーマンスはいわゆる中日的で他の日に比べるとおとなしめ。
曲間の雰囲気も静かでプラントのMCもどこか発表会的で可笑しい。
しかし、後半に連れバンドは遊び心を交え盛り上がり、観客もそれにつられてヒートアップ。
"Whole Lotta Love"前にシナトラの"Lady Is A Tramp"、"Communication Braekdown"前にもカッコいいリフ。
"Communication-"では観客熱狂、Gソロ前に演奏を止めてプラントがたしなめている最中、テレコ近くのアンチャンが「アイライクレッドツェッペリン!」と絶叫。
最高!
スネア一発でソロに戻るとペイジはメチャクチャ熱いソロを決める。
これぞZepのカッコ良さだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/43-23ebd826
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。