FC2ブログ

ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
longbeach.jpg

日時:‘75年3月11日
場所:Long Beach Arena, Long Beach Carifornia, U.S.A.
音質:超優良オーディエンス
レーベル:Confusion Records

感想:個人的には全然好きじゃない‘75年だが、これは超オススメ出来る。
プラントの歌えてなさや、ペイジのハズシっぷりは相変わらずだが最小限だし、何よりもボンゾのキレ、ジョンジーの貢献振りもあってライブ自体は本当に素晴らしい。
特にボンゾのキレは"Rock And Roll"から最高シンコペーションが冴え渡ってるし、ペイジも何とか踏ん張ってる。
ヘロヘロプラントは続く"Sick Again"で復活、やはり初期の曲はもうキツイが「Physical Graphitti」からの曲ならばOKだ。
"Over The Hills And Far Away"では歌えてなさを味に変える事に成功してるし、ペイジのプレイも寸止めの美学。(苦笑)
"In My Time Of Dying"ではネットリとしたスライドもプラントの歌も素晴らしいし、"Song Remains The Same"の疾走感、"Rain Song"での情感タップリの演奏は、かなりハイレベルな'75年ZEPを堪能出来る。
"Trampled Underfoot"ではプラントがワイルドにキメるがペイジは集中力不足、"Dazed And Confused"もセクション毎にバラつきを感じさせる。
しかしこの日のハイライトは"Whole Lotta Love"。
何だかカッコイイ始まりで、Gソロブレイクから"Crunge"へ、リズムはそのままファンキーにテルミンタイムに突入、ペイジがギターカッティングに戻ると"Out On The Tiles"イントロ~"Black Dog"。
思わずゾクゾク来る。
音質も良いし、恐らく‘75年ベスト音源の一つだろう。


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/44-028f74a4
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。