ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
la3.jpg

日時:‘75年3月27日
場所:The Forum, Inglewood Carifornia, U.S.A
音質:良好サウンドボード
レーベル:Rabbit Record

感想:結果的に‘75年アメリカZepの最終日となったLAフォーラム3日目。
超有名高額ブートのタイトルにもなってる「Deep Throat」主演女優、リンダ・ラブレスのアナウンスに続いて"Rock And Roll"、"Sick Again"この時点では北米ツアー前半戦楽日ということもあって皆気合の入った演奏を聴かせてくれる。
"Over The Hills And Far Away"ではペイジがまたも支離滅裂、この日は指は動くがフレージングが付いて行かないような部分が結構ある。
まあ、どっちもダメな日に比べりゃマシだが。
"In My Time Of Dying"ではそれを取り返すべく良いプレイ。
プラントも声が枯れていながらも"You Shook Me"のフレーズを盛り込み、終ってからも繰り返すなどノリノリ。
クリアな音質で"Song Remains The Same"から"Rain Song"(カット個所あり)、ここではペイジのグッド・プレイに観客は熱狂。
この日のハイライトはアドリブを充分に盛り込んで引き伸ばされた"Trampled Underfoot"そして40分近い"Dazed And Confused"。
特に前者はカッコいい。
ソロのキメフレーズが相変わらずグダグダだが、"Satirway To Heaven"の後にプラントの言う「Los Angeles 1975 Good night」って挨拶はグッとくる。
こういうセリフを言わせると本当にカッコいいよ、色男!


スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/47-1a167225
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。