ZEP TILL YOU DROP !!!!

手持ちZEPブートの感想。こうでもしなきゃ聴けません。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
route66.jpg

日時:'72年6月22日
場所:Swing Auditorium, San Bernardino California, U.S.A.
音質:こもり不安定オーディエンス
レーベル:Tarantura

感想:「伝説のライブ」(ダサいタイトル)3日程前のスイングオーデトリアム。
何となく「一休み」な感じのパフォーマンス、それでもハイレベルであることに変りは無いが。
"Scince I've Been Loving You"は洗練された感じで、ペイジがブルース以上の先の領域に踏み込まんかというプレイ。
そんな感じがする。
勝手な妄想に過ぎないが、良い悪いは別としてそんな試みがこの先のペイジ独特のプレイへと繋がって行ったような気がする。
アンコール"Rock And Roll"ではプラントがLPっぽい歌唱でイイ感じ、対照的にペイジはラフなプレイ。
シメの「ロンリロンリ・・・」は何と12回!
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://robertplanton.blog15.fc2.com/tb.php/89-a732c26a
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。